学術トップ

金融データソリューションズ

【大学関連データのご案内について

こちらは、
大学・学術研究向けデータ』
提供についてのご案内ページです

NPM関連データサービスとは?

 わずか数ベーシス・ポイントの狂いも許されない、機関投資家によるシビアな運用業務向けにNPMServicesⓇは設計されています。それを支えているのは、専用に開発され、日々厳格に管理・運用されているデータです。NPMServicesⓇに用いられているデータは、株価リターンでの配当落ちや株式分割といった、複雑かつ1つも欠かせない計算処理や欠損処理などの精緻な前処理を施し、毎営業日、機関投資家に提供されています。
 これら緻密に計算・設計された株式運用向けデータを大学や研究者の方々へ提供するのが「NPM関連データサービス」です。


特長1:
プロが長年愛用する高い信頼性

1.プロが長年愛用する高い信頼性

NPMServicesⓇはプロの機関投資家に約20年にもわたりご愛用頂いています。なかにはNPMServicesⓇのアプリは使用せず、搭載データのみを利用している機関投資家もいます。「NPM関連データ」はプロ投資家から長年にわたり多くの信頼を得ています。


特長2:
煩雑な前処理・計算処理が不要

2.煩雑な前処理・計算処理が不要

NPMServicesⓇのデータは、金融データ特有の様々な計算処理や前処理を丁寧に施しています。
例えば、

  1. 銘柄のリターンは、処理が面倒な配当落や株式分割、合併などの資本異動を丹念に反映させています。処理の途中で用いるデータも一部収録しているため、教育目的で学生に計算させたり、独自の定義で処理したりすることが、生データを扱うよりも非常に簡単です。
     
  2. 複数取引所に上場している銘柄の終値を特定することは、そもそも終値が付かない場合もあるため困難です。NPMServicesⓇでは厚生年金基金連合会(現企業年金連合会)基準を踏まえつつ欠損がないように日々終値データを取得しています。

特長3:
広範囲の分野をカバー

3.広範囲の分野をカバー

NPMServicesⓇのデータは、主な上場市場、業種といった属性情報など、株式を中心に多様な生データを多数取り揃えています。また「日本上場株式 Fama-French関連データ」のように複雑な計算が必要な2次加工データもご用意しております。加えて、株式会社東洋経済新報社やアイフィスジャパン株式会社など、弊社が販売代理店となっているデータを併せて提供することが可能なため、更に広いカバレッジのデータをご活用頂くことができます。

PAGE TOP